じゃにずについて考えたり妄想したいだけのブログ

じゃにずの皆様(関ジャニ、セクゾ中心)について、ただひたすら尊敬の念を込めてすげーなすげーななんでだろーっていうだけのブログです。

歌詞から「関ジャニらしさ」について考える

序論

音楽に縁のない私が歌詞から関ジャニについて考察する。

デビューして十数年、関ジャニは幅広いジャンルの曲を歌ってきた。演歌調に始まり、ポップ、バラード、近年では名だたるアーティストたちから楽曲提供も受けている。これだけ多くの曲をこなす一方で「関ジャニらしい」という表現が一定数存在する。今回の記事では、関ジャニの楽曲について、歌詞の観点から関ジャニらしさについて考えるとともに、またその魅力について考察したいと思う。

なお、関ジャニの歌詞の特徴をたてるにあたり、嵐、NEWSの歌詞についても一部考えを述べている。図1,2,6は、あくまでも歌詞を読んで抱いた非常に主観的なイメージ画像であるため、各々の見解との相違が多々あると予想される。真面目にふざけた記事ということでご容赦願いたい。

 

続きを読む

関ジャニの認知特性について考える

友人が呟いていて面白そうだなと思い購入してみたこちらの本。

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)

認知特性とは、眼や耳から入った情報を理解・整理・記憶するやり方です。
 
その人の認知特性とは、その人の思考や認知の「好み」を示しています。例えば、「皿に載った食べ物を記憶しなさない」という出題の際に、画像や映像のように見たまま記憶するのか、「ハムとソーセージと目玉焼きがある」と文字にして認識するのか、頭文字で「ハ・ソ・目」と音に出して覚えるのか、それが認知特性の違いなのです。「どういうやり方だと自分は物事をやりやすいか?」を考えた時に、どんな認知特性が優位なのかがわかります。

認知特性は以下の6つに分類されています。

【視覚優位者】
1.写真(カメラアイ)タイプ…写真のように二次元で思考する。写真を撮るように記憶するので、3歳以前の記憶があったり、アニメの脇役の顔も上手に描けたりする。写真家、画家、デザイナーなど。

2.三次元映像タイプ…空間や時間軸を使って三次元で考える。映像として記憶するので、人の顔を覚えるのが得意で、マンションの間取り図だけで部屋を立体的に感じられたりする。建築家、パイロット、外科医、機械技術職、舞台制作者やテレビカメラマンなど。

【言語優位者】
3.言語映像タイプ…文字や文章を映像化してから思考する。他人の何気ないひと言から鮮明なイメージを抱くこともあり、比喩表現なども得意。コピーライター、絵本作家、雑誌編集者、作詞家など。

4.言語抽象タイプ…文字や文章を図式化してから思考する。初対面の人を名刺の文字で覚え、ノートをわかりやすくまとめるのが上手い。内科系医師、作家、教師、金融関係者、心理学者など。

【聴覚優位者】
5.聴覚言語タイプ…文字や文章を耳から入れる音として情報処理する。難しい話題でも、一度聞くと理解でき、ダジャレや人の言葉尻を捉えるのが上手い。弁護士、教師、落語家、アナウンサー、音を意識できる作詞家など。

6.聴覚&音タイプ…音色や音階といった音楽的イメージを脳に入力する。音楽を一度聞いただけでメロディを口ずさめたり、モノマネや外国語の発音も上手。ミュージシャンなど。

あなたに最適な記憶法も分かる!? 自分の「認知特性」を調べてみよう | ダ・ヴィンチニュース


なお、個人の中で認知特性はオーバーラップしている部分もあり、「絶対にこのタイプ」とはっきり線引きできるものではありません。六つのタイプがバランスよく備わってる人もいますし、状況に応じて特性を使いわけてる人もいます。

とにかく私はこういうツールがあるとすぐ、あの人はこれっぽい、あのキャラはこれっぽい。と妄想したがるのですが、今回もせっかくなので、関ジャニのメンバーで、それぞれが強そうな認知特性を推測しました。本来は本人じゃないとわからないことなんですがね。なんだかそれっぽく分けられた気がするので、私の脳内会議をお届けします。


1 視覚優位者 写真(カメラアイ)タイプ
安田くん
 このタイプの人は、目で見た情報の処理(記憶や認識)が瞬時にできるのが特徴です。記憶に関しては、膨大な量の写真アルバムを脳の中に持っています。
 安田くんは言動からして、聴覚・視覚優位な認知特性でしょう。安田君は作詞もしますが、聴覚や視覚で認知したことを言語としてアウトプットしているので、認知が言語優位ということではないと思います。そして聴覚よりも視覚優位。比較的前に出て発言することの少ない彼ですが、実はいろんなことを記憶しているはずです。映像記憶の人は、受けた感覚を人に伝えるためにいちいち言語に変換しなければならないため、瞬発力が求められるテレビでは口下手に映ってしまう可能性があります。
 安田くんの認知特性を1と予想した理由はまだあります。関パニ 噛まずに言い切りましょうの暗記タイムでは、台本を黙ってじっと見つめているシーンもありましたね。あれは文字を『読んで』覚えてるというより視覚ベースで『見て』覚えてる気がします。また、関パニ 一筆書きで伝えましょうで、「おれまんま書いてると思う」と言いながら、ほんとに前の回答者と全く同じ絵を記憶だけで書いていたのは安田くんだけでした。ダンスも上手いので、もう、かなり1の特性が優れているのではないかと思います(逆にダンス苦手なよこすばまるはこれが低いでしょう)。
 視覚優位と言いましたが、聴覚の6も高いでしょう。『かたつもり』『愛$』などという珍回答がでてくるのは、いろんな言葉を普段から純粋な『音』としてとらえている側面が強いからです。あとはやはり自然の音が好きで、音楽として表現できるというところでかなり強い6の特性を感じます。言語や聴覚から入った情報から何かを読み取るのではなく、イメージとして感じるタイプです。したがって、4、5は低めと推測します。


2 視覚優位者 三次元映像タイプ
丸山さん
 丸山さんはダンスを覚えたりするのが苦手だし、関パニ噛まずに言い切りましょうでは台本を覚えるのも苦手でした。そういった映像の瞬間認識能力が低いと言う点で、1は低めかと思います。また、文字の意味を冷静に捉えることも苦手な印象を受けますので、4も低いのではないかと。ただ、丸山さんは共演者のことをとてもよく覚えているなど、人の顔を覚えるのが得意(これは横山さんもそうらしいですね)です。立体である『顔』を記憶するのには2の特性が役立ちます。さらに映画などを見るのが好きというところから、時間の流れを含めて映像として物事を記憶することがかなり得意なのではないかと思います。2の特性のある人は、時間の流れをもって物事を視覚的にとらえます。ストーリーがあり、かつ視覚的に読める漫画が好きなのも、2のタイプが強いからな気がします。
 このタイプは、「違う映画にも同じような場面があった。同じお店や風景が違う映画にも出てた」などはよく覚えており、時間軸の前後関係も含めてのエピソード記憶が得意な傾向にあります。丸山さんのお話や、ジャニーズWebの日記を見る限りこの能力がかなり高いと思います。話がよくとぶのは、記憶が次々とでてくるからこんがらがっちゃうのかなと予想しています。
 3はなかなか高いかもしれませんね。言葉から新鮮なイメージを抱ける人な気がします。でも主体はやはり2だと思います。


3 言語優位者 言語映像タイプ
渋谷さん、大倉くん
 イメージをすぐに言葉にできるファンタジスト。言葉を映像化することも(渋谷さん映像化は下手ですが)、映像を言語化することも得意なタイプです。
視覚優位者(ここでは山田)が感覚的思考者とすれば、言語優位者(ここでは村倉すば)はイメージを言語に結びつけることから論理的思考者とも言えます。噛まずに言い切りましょうでは、すばるくんの記憶力が光りましたが、「字をここらへん(頭)に思いながらなぞっていかへんと」という渋谷さんはまさに言語優位であり、それをうまく活用してると思われます。
 また、クロニクルにて大倉くんのたとえがテロップ採用率が高いという話から、間違いなく大倉くんも3の認知特性が高い人です。さらに、すばるくんの的確な一言コメント力もまた、視覚から得た情報をうまく例えを交えたツッコミであるものが多いです。新年会やコンサートMCでもいつもこの二人のコメントが伝わりやすいと感じるのは、心情などをイメージしやすい例えを使って話してくれたからではないでしょうか。二人ともラジオをやっているので、映像を瞬時に言葉で表現できるという特性はとても役立ちますね。
 すばるくんは方向音痴で人の顔もそこまで覚えない、さらに絵が恐ろしく苦手なとこからも、意外と視覚の1、2は低いものと思われます。同じ言語優位のタイプですが、4の傾向も低そうです。しかし、松原.エピソードやいきなりドッヂの映像から、物真似が上手い印象を受けます。多分5は高いでしょうね。知らない地名でも一度聞いただけで住所を覚えてしまう、歌詞を覚えるときも音で覚えるということで、6もかなり高いはずです。
 一方で大倉くんは全体的にバランス良さそうな気がします。絵も描けるし、ダンスもできるし、人も覚えてるし…言葉尻を捉えたツッコミがうまいので、特に5は高いんじゃないかなと思います。


4 言語優位者 言語抽象タイプ
村上くん
 言葉を見るのが得意で、わかりづらい文章を図式化することが得意。話を聞くだけでは内容は理解できても覚えられないので一度文字や図として紙におとし、視覚情報に変換させて記憶します。村上くんは全体的にバランスよい認知特性を持っていると思いますが、なかでもこの4が高い気がします。台本をよく読んでおり、本自体もものすごくたくさん持っている。白州次郎がぱっとでてくるあたり、文字から得た記憶に関しても優れている。言語ベースでものごとを考えたりするタイプですね。
 とはいえ、絵もうまいし、関パニの影絵ではものすごく汲み取り上手で、さらに方向感覚も優れている。1、2の視覚認知も高そうです。さらにMCしてるし、フトコロノカタナでは耳がいいと言われていたので5も高いでしょう。比較的オールラウンダー。ただし、絵描き歌を聞いて書くのはあまり得意ではなかったので(聴覚からのイメージ惹起が苦手)3は低めです。6の「言語的な意味を持たない音をイメージとして捉える」という特性も当てはまらない気がします。


5 聴覚優位者 聴覚言語タイプ
横山さん
 言語映像タイプは言葉を見るのが得意になのに対し、聴覚言語タイプは言葉を聞くのが得意です。言語をつかさどる左脳優位者であり、相手が話している音だけで内容を理解でき、イメージよりは言語そのもので思考を働かせることができます。この『イメージよりは言語そのもの』というのが横山さんらしいかなと思います。もし音からイメージを浮かばせるのが得意であれば、絵描き歌で伝えましょうにて(絵はへたにせよ)何であるかはわかったはずですが、『二人のり』や『お米マン』などと、的はずれな答えを言っているのは、『丸』『四角』といった言語そのものを理解するからかと。「そんなん言うてへんやん!!」ってよくふてくされる横山さんなので、同じ聴覚でも6よりも5が高いでしょう。
 また、だじゃれが得意で、音をよく理解できるため、音韻を踏んだり似たような言語音声をすぐに惹起できます。英会話伝言ゲームの「パスポート取りたいんです?」とかこれですよね。音をとらえてそのまま伝えることが得意のようなので、突出して5の要素が強い印象を受けます。有名人の顔を覚えるのが得意で、テレビっ子な横山さん(指差し道ミーハーなメンバーは?にて)ならば2は高いのかもしれません。


6 聴覚優位者 聴覚&音タイプ
錦戸さん
 英語の発音も素晴らしい絶対音感タイプ。
関ジャニの強火バンド担錦戸さん。CMソングや劇で使われる音楽を一度聞いただけでメロディを口ずさむことができるタイプです。撮り合いメイキングでは丸ちゃんの言った言葉を楽しそうに反芻してましたね。ものまねはするのが苦手なだけで、記憶とかはかなり優れていると思いますがどうでしょう。あとは英会話伝言ゲームですよね。錦戸君の英語の発音はネイティブにも褒められていましたので。作詞の際に韻を踏むことも多いので、5も6もかなり強いです。Tokyoholicもtrafficもすごいです。
 ただ、面白いこと言われへんって言ってるから、そもそもそういう発想でものごとを認識したり考えたりができてない、つまり3の言語は普通~弱いのかもしれません。一方で、絵はうまいし、映像そのものの記憶やエピソード記憶も得意そうだし、1、2の特性は高いはずです。すばるくんがスパゲッティ作ってくれた、安田くんが怒ってくれた、横山くんが看病してくれた、って思い返しているときのいきいきとした表情はきっと映像で思い返すことのできる認知特性を持っているからこそな気がします。噛まずに言い切りましょうでは、横山さんと錦戸さんがしっかり声に出して記憶している様子が見られました。まさに聴覚認識者に適した覚え方といえると思います。


まとめて言うとこんな感じ。特に高いと思ったものがオレンジです。

f:id:shiotsurezure:20170722104728p:plain


こうして考えてみると、ジャムに収録されている曲も、『言語優位者 渋谷さん』『聴覚優位者 錦戸さん』『視覚優位者 安田さん』といった特性傾向が表れてるなぁと思うんです。だからあんなに三者三様。へへへ…おもしろいですね。

わたしは5、3が高く、次いで6、4でした。1、2が低いので、残念ながら絵レポに向かない特性です。やはり早急にDVDが必要……。
自分の認知に興味がありましたら是非読んでみてください。35問の設問に答えるだけで認知特性が分かるそうです。認知特性を活かして伸ばしていくことが、頭のよい人になる秘訣だそうですよ。

関パニの各回について私が勝手にMVPを決めたい

時を経てU字の水槽で再ブレイクした関パニ。

私は関パニが大好きである。

何回でも同じ映像見て笑ってる。幼児と変わんない……ってわかってる……

さて、関パニでは活躍できなかったor足を引っ張ったメンバーに罰ゲームと称してハリセン、粉・水かぶり等が発生する。しかし私にとって「ジャニーズこんなんせんやろ(笑)」というのは、魅力ではない。そもそも私はD,Gの嵐にドハマりしてた人間(乳首開きTシャツ着て顔面ストッキングして白滝のマフラーを巻きながら顔拓をしたアイドルが30分をすごろくをしている番組)。正直綺麗な顔した彼らが粉や水をかぶるというギャップにはあまり惹かれない。関パニにおける関ジャニのすごさは、自ら笑いを取りに行くところにあると思う言われたことを全力でやるんじゃない。言われないことを全力でやる。その貪欲さがしんどい。粉かぶる時はみんな顔上にあげるし、粉が降ってきたら「もっとちゃんとかけて~!!」と言う。20代の彼らが、自分を全力でアピールする。自分たちだけでボケもツッコミも完成させる。変なテロップも台本も必要ない。スタッフがツッコミする必要もない。現在のクロニクルにも通ずるところはある。携帯を渡せば面白い写真撮ってくるし、英会話させたら漫才にするし、部屋の中でドッヂボールさせてるだけなのに1時間持つ画がとれる。恐ろしいことに、この面白さは十年前の関パニという深夜番組で既にほぼ完成されている。関パニのはるか前から、彼らは自分たちを面白く魅せるということを肌で学んできたに違いない。もうベテランかというくらい安心して見てられる。これほぼ初冠でしょ君ら……?(Can!ジャニもやってたかもしれんけど)

撮り合いメイキング見てても思ったが、関ジャニさんはメンバーに「○○やって(笑)」と言われたことを絶対断らない。それはバラエティ苦手な錦戸さんだって例外ではない。滑ろうが何しようが、意味わからんと思っててもやる。すぐやる。この瞬発力がないと関ジャニの中では生きていけない。彼らは全然推してくれない事務所と芸能界と戦い、勝つきっかけを掴むために、もう自分たちで切磋琢磨するしかなかったんだと思う。といった具合に勝手に感動話にしてしまいそうになるが、普段はそこまで考えてない。考えさせないほど完成されたバラエティなのだ。

そう、この番組の魅力はいつまでたっても古くならない笑いにある。

この間、およそ8年も前のこのバラエティが、何の前触れもなくツイッターで話題となった。U字の水槽事件である。私も朝起きて驚いた。まさかほぼ一日たっても『U字の水槽』がトレンドに居座っているとは思わなかった。これはこのバラエティが永遠に色あせないバラエティであることの証明である。関パニの中には、恐らく10年、20年後の若い人が見ても笑える笑いがある。関ジャニさんの笑いは人を貶さないし不快にさせない。この番組では素人VTRも出てくるが、関ジャニさんは悪く言わない。ちょっと失礼なことを言う人がいても他のみんなが叱ってフォローして、本人も反省して、最後には爽快感すらある。私はガキ遣も好きなのだが、こちらは時事ネタが多い。あんなに年末に爆笑したはずのDVDも、数年たってみるとあんまり笑えなかったりする。でも関パニはいつみても面白い。単純なゲームやクイズをすごく面白い現象に昇華する。メンバーが多いのもいい。誰かがすべっても絶対誰かが笑ってくれる。

あとオタク目線からいうと、なんてったって顔が良い。私は関パニのビジュアルと冬コンエイタメのビジュアルが総合戦闘力としてSクラスだと思ってる。これは余談。

 

先日クロニクルについて嫉妬した大賞があったが、これはとてもいい企画だと思っている。そこで、今回関パニの各回について、私の独断と偏見で勝手にMVPを決めたいと思う。まんべんなくMVPにしようと調整したつもりもあまりないし、逆にお気に入りの人を推そうという気もないが、意義がある方は、ぜひレンタルor購入して自担のかわいいを見つけてほしい。前述のように、全編通じて全員ビジュアルが最高なので、顔についてはそこまで語っていないと思う。

 

 

第一回

MVP:横山さん

サラリーマン最上さんの思うごちそうNo.1を当てるクイズ

横山さんの「絶対丼ないわ!」「絶対丼ちゃうわ!」「丼ないて!信じてくれ!!」というごりごりの丼否定から始まる。

 

ヒント「最近買った贅沢なものは焼酎」

全「・・・・」

横「ほら」

横「そばや」

丸「なんでや」

 

この丸ちゃんの冷静なツッコミがじわじわくる。

 

亮「天丼かうな丼やったらどっち好き?!」

横「どっちもないて!!!!」

亮「いや譲歩してや!」

村「どっちか!どっちかやったらどっち好き?」

横「……天丼……」

 

あんだけ丼無い丼無い言ってたのにメンバーに責められてめっちゃ小っちゃい声で「天丼…」っていう横山さんがかわいい。初期のあからさまにガツガツな横山さんが見られるのも関パニの楽しさ。

 

第二回

 

MVP:錦戸さん

ヒット商品の使い方を当てる。

他のひとがあーだこーだ具体的なものを提案する一方、錦戸さんの答え「くじらのなんか」

 

亮「こっからなんかぴゅーってでてきたらくじらでしょ完全!」

横「……これ完璧罰ゲームでしょ」

亮「なんでぇ↑?!」

 

声裏返っちゃうほどびっくりした亮ちゃんがかわいくてたまらない。ハリセンでたたかれてガチで痛がる亮ちゃんのリアクションもgood

 

第三回

MVP:渋谷さん

名店の人気のおでんベスト30を10分で完食。 

サエズリという部位に反応してパイズリのごとき動きをするすばるくん。しめじが出たら全力で拒否。

 

渋「食われへんねんもん!!俺…キノコ…」

横「しゃーないやんそんなん、でたんやもん」

渋「そんなん…キューリ出たらどうすんねん!!!!」

 

横山さんの嫌いな食べ物知ってるすばるくん。言い方が小学生。サエズリで媚びて許してもらおうとするすばるくん必死でいじらしい。結局錦戸さんと順番交換をする。

 

渋「ごめんなさい~~」

錦「あっつう!!!!!!」

渋「あ~~~~~~ごめん~~~~」

錦「なんやこれ!!!!」

渋「ごめんなさい~~~~~!!!!ごめんなさい~~~~~!!!」

 

身を乗り出して亮ちゃん以上に苦悶の表情で謝ってるのがかわいい。この後、食べるの遅いのに名乗り出て、タイムオーバー後も黙々と大好きなタコをほおばる渋谷さんもかわいかった。ちなみに亮ちゃんも熱すぎてサイドステップ踏んだり忍び足したりしてるのでかわいい。あーかわいいかわいい。

 

第四回

MVP:横山さん

ニューハーフの方の将来の夢と好みの男を当てるクイズ。

 

横「パイロットはないと思いますよ」「罰ゲーム候補ですよ」「こうやってメンバーを今の段階で陥れといたほうが罰ゲームは免れる」「コックさんはないですよ」

村「めっちゃこきおろすねんあいつ人のやつ」

渋「けなすか自分かだけやん」

 

村「ただ弁護士(横山回答)全然かすってないけどね」

横「なんやねん やるんか」

渋「喧嘩すなよ~~~~」

 

ヤンキー横山さんさんが垣間見えてときめく。地味に三馬鹿の会話多くてめちゃめちゃにかわいい。Jr.からの流れを感じる。

『他人をけなす男』『あくまで自分大好き』等テロップも秀逸。

罰ゲームが横山さんになった時、渋谷さんが「こす山(狡い横山)やもんやっぱり」と言っていたが、この10年後、横山さんと言い争っていた錦戸さんも「こそきど(姑息な錦戸)」と呼ばれることになる。BJ……

 

第五回

MVP:渋谷さん

鏡文字でしりとりや古今東西をする。

 

動物の名前しりとり

亮「ダメやったら言うてや!『トンビ』」

渋「……『ビ』???」

 

ここの気まずいがかわいい。『トンビ』でおお~~~!!ってなった後に『ビ』のキラーパス度合いに気づいて爆笑しながらうずくまる亮ちゃんと、絶望する渋谷さんの対比がすごい。クロニクルのいきなりドッヂを彷彿とさせる。この後亮ちゃんが罪滅ぼし(?)のためか「あ、そっちじゃない!」「伸ばして!伸ばして!」等アドバイスをしたため、制限時間数秒前で完成し、渋谷さんがドヤ顔で横山さんに「どーん」って言うのがはちゃめちゃにかわいい。

スポーツの名前で古今東西をする際も「漢字でもええねんな?」と何かと強気な渋谷さん。すごく時間かけて最後の一文字で間違えた時のすばるくんの絶望の表情so cuteなのでMVP。

あと、横山さんが『サッカー』って書いたときに大倉君が「普通のカタカナ書かれへんのに」って地味に言っててじわる。

なお、この後の『映画のタイトル』は個性が出ててかわいらしい。『日本人の名字』で左右対称漢字を使ったり前の人のやつを逆にしたりとぽんぽん書けてるのがうれしくてはしゃぐメンバーが愛らしいので正直みんなMVPにしたい。平和の回 (ただし粉はかぶる)。

 

第六回

MVP:大倉くん

31アイスクリームの全31種類10分で完食。

 

倉「(チョコレートミントを食べながら)うまっこれー」

村「おいしい?」

倉「うん!歯磨きしてるみたい」

 

この秀逸なコメントと、めちゃくちゃマイペースにアイス食べておいしかったーってなってる大倉君がかわいかったのでMVP。次点は知覚過敏と口内炎で口の中めちゃめちゃなのにアイス1秒で丸のみした村上君。横山さん曰く「侍やなお前!!」いきなりドッヂの仮病のくだりにそっくりな場面もあって楽しい。

なお、ラストのアイスでは、「アァ~……」「おいしくいこう!最後やしな!!」「ゲフッ……」と、感情がUp↑Down↓激しいローリングコースター亮ちゃんが見られる。

 

第七回

MVP:村上くん

エア食事をし、表情だけで食べてるものを当てる。 

四川麻婆豆腐食べてる表現をした村上君の表情が豊かでかわいい。最後ににこーってして「うまい」ってしゃべっちゃうのも頭をかかえる……ヒナちゃん……

四川麻婆豆腐と予測した倉丸に対し、「ゆうても豆腐の表現がまったくなかったやん」とツッコむ横山さんに対し、

 

丸「いや、フーフーして口の中でほくほくして、ゴックンて飲み込んだんだよ豆腐は」

村「めっちゃ伝わってるやん!100%やん!」

 

とご満悦な村上さん。ヒナマルのツーカーっぷりがよかった。

 

なお、最後に、渋谷さんが食べているのは杏仁豆腐かマンゴープリンか (正直、わかるかい!!!!と思った) を当てろという問題で、安田君だけがマンゴープリンと予想。

安「(マンゴーの気配を)感じたんですよ、食べたとき」「杏仁やったら口の中でぷつっと切れるでしょ」「マンゴープリンの場合は口の中に滑らかに残る感じがね」

と、真顔で淡々と述べる安くんの野生の感がすごいし爆笑してる渋谷さんがいてヤスバだしで非常に興奮する。新年会の電話のくだりを思い出しませんか……。

 

第八回

MVP:丸山くん

くじで引いた順位になるように30秒以内に5mを走る。

ジャージの裾についているひもをきちんと靴の下に通してるのがすっごくださくてすっごくかわいくて真面目でよい。

5位23秒をめざし走る丸山君。結果は22秒99で、なんと4位の安田君22秒98の記録と1/100秒の差。ミラクルボーイにMVPを差し上げたい。ちなみに地味にドラマーのリズム感で大倉君もほぼぴったりのタイムを出している。

また、渋谷さんがゲームへたくそという話では

 

横「それかさみんなで一回相談してすばる寝といてもらう?」

渋「まだ眠たないよ」

錦「20秒くらい?」

横「何秒とか無理やって」

渋「無理やってとか言うな!!!!」

 

と、へたくそで実際一番失敗してるのにやる気満々な渋谷さんがかわいかった。

亮ちゃんがみんなからタイ人扱いされてるのも面白かった。この時の彼は、十年後の新年会で村上くんにタイ人ネームつけることを知る由もないのだ……。※しかもこの後何度かタイ人ネタ出てくる

 

第九回

 

MVP:丸山くん

みんなで台本を暗記し噛まずに言い切る。

丸ちゃんがかなりのストッパー。ハリセンに痛がるも、すぐにブツブツセリフを復習(真面目……)。そのまま台本を開く丸ちゃんに村上君が「(台本)勝手に見るなって!(笑)」と止めるも、丸ちゃんは村上君を見つめて

「……カハッ」

咳。もうこの時既にメンバー曰く『あかん顔』である。間違えても復習。覚えてなくても復習。最後までいくもまたもや丸ちゃんがセリフ覚えてなくて失敗。みんなうなだれる中、

倉「丸ちゃん、セリフ一度確認しようか」

この大倉君、めっちゃ優しくてかっこいい。全人類が惚れる。

 

亮「もう一回最初から言って」

丸「『なるほど、全員新春シャンソン歌手…』」

亮「『新人シャンソン歌手』!」←鬼監督

丸「『なるほど、新春シャンソン……』」

村「『新人』や」

丸「『なるほど』」

 

段々とセリフとコメントがごっちゃごっちゃになるのが笑える。

最後はクリアで締めてほっこり。地味にノーミス渋谷さんがかっこいいのだが、横山さんの「ゲームはできへんのにな」の一言で下げられる。不憫である。

 

第十回 

MVP:不在

最上(さいじょう)さんの本当の名前はというお題で、見事『もがみ』さんであることを当てた関ジャニ

 

横「最初言ったん俺やからな。近い名前みたいなこと言ってたの!」

倉「また粉かぶるで~」

村「あたってるのにかぶるで~」

横「……」

安「今小っちゃい声で「そやな…」って言った」

 

素直になった横山さんかわいい。※ただし10年後すぐムキになる横山に戻る。

 

最上さんが書いた絵がなんのキャラクターか当てる問題では、渋谷さんの答えのみがトトロで、あとは全員ドラえもんなのに、なぜか丸ちゃんがトトロを推し始める。そして、トトロ派錦戸VSドラえもん派丸山の戦いが勃発するのだが、ここは『えげつない』ラップバトルとほぼイコールである。それにしても鏡文字でも書いていたが、渋谷さんはトトロ好きなんだろうか。

 

第十一回

MVP:錦戸くん

世界の激辛料理5つを7人で完食。

淡々と食べ終えた大倉君。ほんとに食べ物系強い。いっぱい食べる君が好き~。

そんな大倉君に対し、

 

亮「何系の味?」

倉「えーとタイ系やな」

亮「タイ?…俺タイ行ったことない!」

 

なんで嬉しそうに言うのか全くわからないし全く関係ない。でもそっかそっかと言いたくなってしまう愛らしさがある。

さらに、からあげを食べた瞬間の亮ちゃんの「ハァ?!???!!!」がめちゃくちゃいい。あまりの辛さに踊ったり、からあげを差し出しながら「無理やってこんなん!!!」とパフォーマンスしたりする姿はミュージカルさながら。なお、Lv.5は安田君でも「ふざけてるわ」という辛さらしい。

あと、激辛に悶絶する横山君を見て、

 

丸「横山君意外と気管弱いから」

安「ロシア系やから強いんにな~」

丸「ロシア系なん?」

倉「それ見た目だけやろ」

 

と後ろでやいやい言う大山田の会話がゆるくてかわいい。

 

第十二回

特別編で歌中心のため省略(ユニゾン美しくて感動する)

 

第十三回

MVP:安田くん

ホルモン人気ベスト20を4区分にわけ、どの区分に当てはまるか当てる。正解したら試食。

安田君天使回。敵の村上チームが正解したときもぱちぱち拍手。

久しぶりに回ってきた回答権を安田くんの勘にたくす横山さん。

 

横「ちょ、もう、これほんまに安田君お願いします」

安「ん~食べたいなぁ(笑)」

 

と困った顔して笑う姿はただの天使。意見が割れた時に亮ちゃんが強行して「D!」って答えた時も、「わぁ~亮が強行した~!」って笑ってる。

さらに次の問題で、安田君のカンが外れてしまった際も、呆然としてる亮ちゃんを「りょう~~~」って言いながらごめんなーって感じにバックハグしてる姿も愛らしい。

なお、横山チームは本当に全然食べれないので横山さんが「もうええわ」「弁当食ったろうかな」とすねはじめる。これもまたかわいい……。

 

第十四回

MVP:渋谷さん

回答がかぶったら連帯責任罰ゲーム。

横山さんから「すばるアホやねんから」を連発されてもめげないメンタルと輝くツッコミにMVP。

 

『尊敬する歴史上の人物は?』

横「すばるはほんまにアホやから『お父さん』とか書いたらあかんで」

渋「それもっと偉いやろ」

 

『戦っても勝てそうな干支は?』

渋「勝たれへんよ」

 

横「ヒナめっちゃかぶってんでさっきから!!」

村「いやこれ俺というかさ、俺にかぶってくるやつがあかん」

横「だってこんだけ皆とかぶってんねんもん!さっきから捻ってない証拠やん!」

村「オレが捻ったら他とかぶるかもわからんで」

渋「うるさい!!!!!!!!」

 

一言で場をびしっとしめる男らしさ。

クロニクルでもそうだが、すばるくんと大倉君のツッコミは絶妙なタイミングの一言で笑いを起こすので、頭の回転が速いなと思う。ちなみに『(東西南北八方向)どっちに逃げる?』というお題に対し「逃げれるならどっちでもええわ」と言った丸ちゃんからちょっとした闇が見える。

 

第十五回

 

MVP:全員

みんなで台本を暗記し噛まずに言い切る(ト書きつき)

みんなが間違えるたびに「ごめん~」と言い、みんなが「しゃあないしゃあない」と言う。まるでスポーツのような熱さが見れて感動する。横山さん曰く「大丈夫、誰もわるない。こんなことさせてる大人たちが悪いんや!」。

成功するたびに、みんなで顔見合わせて、よっしゃ~よし!よし!みたいに小っちゃい声で笑顔ではしゃいでるのがかわいい。前回もそうだったが、渋谷さんはほんとセリフをミスしない。歌詞もミスしないっていうし、そのへんの記憶力いいんだろうな……とときめく。

 

第十六回

MVP:安田様

簡単なゲームを何種類か。失敗したら罰ゲーム。

安田様回。

 

投げたフラフープをくぐる

→めちゃくちゃ高くあげたり、変な角度になったりしたフラフープを、あらゆる体の使い方で潜り抜ける安田様。

 

回転いすを回して線の中にぴったり足を下ろす

→ミスした亮ちゃんと横山さんは「ぜったい無理やって!!!!」と言うのに軽々クリアする安田様。

 

スリッパをほおりなげて片手でキャッチする

→恐ろしく遠くに蹴り上げてそれをスライディングキャッチする安田様。

 

ママチャリのスタンドを反動で倒す

→「行きますか~~~~?」とかわいく言ったあとに、クリアして「オルァ!!!きたぁ!!!!!」とドス声出す安田様

 

ちなみになぜか今回横山さんが「ゆうちゃん」と呼ばれる頻度が高い。

 

第十七回

MVP:大倉くん

お題の料理を80%目指して食べる。「いってきまーす!」とニコニコ顔で食べ始める大倉くん。チームで協力していいと言われ、丸ちゃんにあーんして食べさせてあげる……実に愛らしい倉丸……。しかし食べ過ぎて失格になる。

 

渋「敗因は?」

村「僕止めたんですよ、食べ過ぎちゃう?って」

倉「銀座のカツ丼がうますぎた~」

 

いっぱい食べる君が好き!!!!!(2回目)

 

また、この回はなんと十年前にして腹黒大倉が出現する感動の回でもある。

 

亮「大倉こっちみんなや!!!」

倉「見てへんわ!」

亮「お前横目でこっちみたやろ!!!」

倉「見てへんし!!」

横「お前言うぞ!!」

倉「何を言うねん!!」

 

この流れすごくクロニクルのいきなりドッヂを思い出す。すでに片鱗が見える。

横山さんの謎の「言うぞ!!!」は生田斗真くんにも言ってたね。

この後も大倉さんは

 

「『鮭全部食うたら?』言うてんであっち(盗聴)」

「問題はやっぱりネギやな~~~~(まどわす作戦)」

 

等様々な妨害をしかけるため、「けんかすなよ!!!!!」って怒る渋谷さんが何度も見れる。

補足だが、横山さんと錦戸くんが大倉くんにぎゃいぎゃい言ってるときに、ちょっと苦笑いしながらも参加しない安田君がかわいいのでこちらも見てほしい。

MVPは正直、「美味しく頂くをモットーにしております」とか、村上くんの「もう一回やらせてくれへんかなぁ」に対し「いいよ」って言う横山さんと迷った。

さらに、「味を俺もお伝えしたい」って村上さんのラーメン横取りしようとし、止められてしまって無言で、ばしって村上君の肩をはたくすばる君 (松原.) も見れる。

要するにかわいいが大渋滞の回。

 

第十八回

MVP:渋谷さん&横山さん

一筆書きの絵で伝言ゲーム。これは本当に横すば回なんでMVPは二人。

絵が苦手なのに先頭に行こうとする横山さん。

 

横「満を持して俺いこか?」

全「いや、あかん」「あかん」「ちょ、マジで勘弁してくれ」「やめて」

 

渋谷さんも「俺のきっかけでみんなを当てさせたいねん!」と言いイルカを描くが、村上君には「振り幅広すぎるやろ……」と絶句される。

なんせ周りとの温度差がすごい。そのため周りからやいやい言われてお互いをフォローしあうよこすばの相方感がはんぱない。

 

渋「集中してはるから!巨匠が!大阪のピカソや!」

横「すばるー!行けるで!俺は信じてるよ!ヤアヤア言われてやるやつやで、結果!」

 

しかし最後のお題ではもうしっちゃかめっちゃかになる。

 

横「ちょっとおーこれー誰か助けてくださいーーーー」

渋「えーーーーよこーーーーどうゆうことーーーー???」「これなんなんよこー!!これなんなん?おれなにかいとるーーーー!?」

 

とにかく何から何までシンクロする年上二人。これに加えてツボだったのが、

 

横「でもいったわ!これ!」

 

に対する

 

丸「どこにいったん?」

 

というたまにくる丸ちゃんの的確かつ無慈悲なツッコミ。なお私は今まで関ジャニが絵を描く映像をいくつか見てきたが、地味に丸山さんが裏画伯だと思っている。ヒナちゃんは絵かわいすぎである。

 

 

 

第十九回

MVP:安田くん

選択肢を考えて三対三にする。安田くんの宇宙的発想力が大爆発する。

 

ご飯に合うものは?

村「『B.のりの佃煮』」

安「あ~~~やっぱそっちいくか~村上君たくあん顔なのになぁ~」

村「どんな顔やねん」

安「みたまんまや」

村「雑すぎるやろ!」

 

願い事がかなうなら?『A.世界平和』

安「いきますよー!B!『世界征服!』」

渋「お前!!!!なんちゅうこというんや!!!」

安「!」「言葉間違ったおれ!!」「『世界統一』や!!!!!」

渋「一緒や!!!!!!!!」

 

未公開でも安田君の謎の思考回路が見られるので安田ワールドを味わいたい人はぜひ。

なお、亮ちゃんのフリップが地味にかわいいのでこちらにも注目してもらいたい。他の見どころとしては、

 

憧れの歴史上の人物は?『A.坂本竜馬

倉「B!『小野妹子』!!」

倉「えっみんな小野妹子好きやろ?」「みんな坂本竜馬あこがれてへんやろ!」

渋「あこがれてるよ!!俺坂本竜馬にあこがれてこの世界はいったもん!!!」

 

という、普段はツッコミに回りがちな大倉君のボケと、渋谷さんの重ねボケ。ファボられタイムラインを見てても分かるが、この二人のタッグはボケにボケを重ねてめちゃくちゃ面白くなる。

 

第二十回

MVP:不在

くじで引いた順位になるように水中で息を止める。

潜っているとき、カピバラのようなかわいらしい村上君が見れる。そしてなぜかジャージの肩がはだけている。ヨコヒナええやんといい、なぜ君は肩をはだけるのか。

 

安田くんが身長届かなくて「とどかへん……」っていうのと、亮ちゃんが「箱馬ください!!!」ってめっちゃかっこよく言う対比が面白い。

 

その他名言としては、1位を引いた亮ちゃんに対する、渋谷さんの「一位なら秒数関係ない!亮!死ぬまで行こう!!」や、奮闘する渋谷さんに対する、安田さんの「そっからやで!そっからの向かい側!!」等がある。潜る横山さんを見て「死体みたいやな、白すぎて……」とぼそりと言ったのは安田くんだろうか。怖いこと言わんといて。

とにかくみんなめちゃくちゃやいやい言うのが面白い。記録そっちのけである。

 

 

第二十一回

MVP:安田さん

意外なものの値段が、ある価格より高いか低いかを当てる。

安田くん単独最下位で最終問題に。『棒高跳びのポール、七万円より安い?高い?』という問題で、全員『高い』を選択していることに気付いた安田くんの行動が男らしい。

 

安「あかん、俺大逆転せなあかんからこっち(安い)行っとかな」「皆と正解したとこで勝てないわけですよ」

村「ちなみに値段は?ホンマはどのくらいやとおもっとるん?」

安「ホンマは15万くらいすると思ってるんですよ」

渋「お前無理しすぎやろ!!!!!めっちゃ無理してる!!!!」

倉「半分の値段やんけ!!!」

渋「自分を犠牲にすんなよ!!!」

 

15万だと思ってるけど大逆転をかねて単独『安い』に行く勝負師安田くん。結果は残念だったがその勝負師っぷりはまさしくMVP。しかも価格は13万4400円と、予想とかなり近かった。なげかわしいことこの上ない。なお、値段に対し、「たっけ!」「たかくない!?!?」と言っている安田くんの声が一番高いという事実も面白いと思う。

 

 

第二十二回

MVP:錦戸さん

お題を含む言葉で検索し、目標の件数に一番遠かった人あるいは0を出した人が罰ゲーム。

もう単純に、パソコンオタクと言われたほどキーワードセンスがある亮ちゃんをMVPに。

 

『定食』目標10000件→『美味い定食!』22400件

『事件』目標1000件→『百億円事件』114件

『アイドル』目標1000件→『ブサイクアイドル』633件

『旅行』目標100件→『旅行気分が抜けなくて』81件

 

と、どれもこれもめちゃくちゃ近い。優等生。

バラエティ的には、横山さんの『ふがいない』シリーズや、安田さんの攻めの姿勢が光る『愛$』『子づくり旅行』『激高定食』が面白い。個人的には大倉君の『その事件解決します』『みんなの旅行体験教えて』という呼びかけが非常に愛らしいと思う。

 

第二十三回

MVP:横山さん

影絵で何を表現し、何かを当てるチーム戦。

各チームのリーダーが対比的に活躍しているのでそこに注目してほしい。

横山さんは表現力がすごい。『電信柱』『エリマキトカゲ』難しいお題を表現する。

村上さんは汲み取り力がすごい。『ペリカン』『滑り台』を当てる。

この対照的な感じがヨコヒナ。もうヨコヒナ語り始めたら終わらないので各自くみとってもらいたい。横山チームは僅差でまけてしまい、チーム内で一番ファインプレーをしていたにも関わらずリーダーの横山さんが罰ゲームになってしまったのだが、特に文句を言うことなく受け止めていたのがかっこいいなと思った。

 

第二十四回

MVP:村上くん

各自お題に挑戦し、完成されたもののセンスでワーストとMVPを決める。

正直三馬鹿にMVPをあげたい。年上と年下のセンスが恐ろしくわかれる。

 

太巻きづくりにて「まじか俺?!まじか?」「全然……こんなんおもてたんとちがう!!!」と、めずらしく村上さん絶叫。そして他の人が普通の太巻きを作る中、村上さんは顔を表現した太巻きを作る。一人だけテイストが違う……。

正直下手ではないと思う。しかしイラストといい、なぜか彼は何かとかわいらしいものを作る。太巻きは二つあり、うち一つは桜でんぷでほっぺが作られていた。

 

亮「なんでちょっと照れてんのコイツ」

村「子どもや」

 

子どもか~~~~~~!!!

 

村「こっちお父さんや」

 

お父さんか~~~~~~~~~!!!

なんかかわいらしい設定が出てきて、ギャップに悶えた。MVP。

 

りんごのウサギづくりでは、横山さんはうさぎ作ったことない(男の子……)らしく、何故かりんごをかじりだす。そのえぐれた部分について、「ちゃうねん、これ段階を踏んでん、団塊の世代」と説明。一方渋谷さんのウサギは片耳がちぎれており、動物愛を訴えていると言う。マジか……。

 

ワインボトルラッピングは、

村上くん→リボンすら結ばない。当然抜ける。

渋谷さん→包装紙もりぼんも恐ろしいほどぐるぐる巻き。

横山さん→ハートの包装紙に恐ろしくへたくそなちょうちょ結び。

などと、三馬鹿の芸術性の高さがうかがえる。器用な年下組との対比がえげつない。

 

第二十五回

MVP:丸山くん

絵描き歌を作ってお題を伝える。

伝説の回。『U字の水槽回』。こちらについては説明不要。丸み帯びてます。

見本VTRにあわせて踊るまるすばがほほえましい。

 

『つるっと すべって いたたたた~♪』

村「いや無理くりやろそこ」

横「それ関係ないやんけ」

渋「流したよ?今」

 

VTRにも丁寧にツッコミする三馬鹿からスタートし、最終回にふさわしく見どころたくさん。『お米マン』『タマゴくん』『カタツモリ』などの愛らしいキャラクターが誕生したり、歌詞が思いつかなくて途中から「ラララ」しか言わなくなる亮ちゃんが見れたりする回。なお最終回にも関わらず、いつも通り始まり、いつも通り終わる。

誰か最高で最強のジャム札幌講演について聞いてください【がっつりネタバレ】

 

※各曲について→メンバーについて→総括 

※加筆修正することあります

 

続きを読む

【妄想注意】かんじゃにで時代劇映画

関ジャニさんの勢いが留まるところを知らない今日この頃ですね。

f:id:shiotsurezure:20170611100433p:plain

f:id:shiotsurezure:20170611100500p:plain

なぐりガキBEAT 7人だけの新年会2017より

 

以前にツイッターで妄想をしていたのですが、すっかりこのコメントを忘れていました。新年会での横山さんの抱負、時代劇映画。2017年まだ半年ございます。希望の意を込めて、備忘録として私の妄想も置いておきます。

実際に映画になるとすれば、こんなリアル関ジャニさんから引っ張ってきたような設定にはならないでしょうが、妄想の範囲ということでお許し願いたい。

いつかすばらしい関ジャニ時代劇映画が実現しますように。

続きを読む

【妄想注意】かんじゃにでえふびーあい

※考えてません。完全に妄想です。実在する方々とは関係ありません。恋愛妄想とは若干ニュアンス異なります。こういう設定でパッチみたいにドラマやってほしいという妄想です。

 

続きを読む

トクサツガガガとジャニオタの親和性について考える

トクサツガガガを布教したい

私は2次元界隈出身のジャニオタですので、非常に漫画を好みます。アニメはほとんど見ないのですが、漫画に関してはオススメされればとりあえず読むフットワークの軽さを持っております。漫画喫茶にも月一で通い物色します。

漫画好きの間ではとても有名(だと思ってます)

 

週刊スピリッツに連載中のトクサツガガガ(2017/5/31時点で10巻発売)

 

をジャニーズ好きの皆様はご存知でしょうか。読んでたらお友達になってほしい、そのくらい私が好きな漫画の一つです。

 

仲村さんは26歳のOLさん。職場では女子力が高いと見られているけど、実は“女死力”たぎる「特オタ(特撮オタク)」! オタバレが怖くて、一人ぼっちでコソコソしながら生きてるよ。人目につかないフィールドのカプセルトイを求めて街をさすらったり、一人カラオケで“特ソン(特撮ソング)”歌いまくったり… ヒーローの言葉を胸に、今日も進むよ「特オタ」道!(公式HPより抜粋)

 

なんとamazonのレビューでも☆4.5以上の高評価がならぶすごい漫画。

私はこれはジャンルを問わずオタクの間では有名な漫画だと思っていたんです……ジャンプ看板漫画レベルに……。しかしこの漫画についてジャニオタ先輩に話したところ、全く存在を知らず、ジャニオタ界隈にはそこまで浸透していないことが発覚しました。いけませんね、自分の常識を世界の常識だと思い込んでしまうのは……。

私が主人公と同世代、かつあまりオタク趣味を公にしないタイプの隠れキリシタンなので、とくに共感度合いがすごいとは思いますが、ぜひそうでない人にも読んでいただきたい。トクサツガガガ、ただのオタク漫画とあなどることなかれ、キャラクターにはアイドルオタ、アニメオタ、特撮オタ、一般人、そろい踏みです。熱い名言連発でどの界隈のオタクも胸をつかれます。

今回はジャニオタとして漫画を読みつつ、ここは通じるのではないか?!という風に考えたところを抜粋して語りたいと思います。

 

 

トクサツガガガの名言から読み解くジャニオタの想い

  • 日々の糧

昔より市民権を得たとはいえ、オタクといえば多少嘲笑のまなざしで見られることもあります。*1ニチアサ少女アニメが好きなコワモテメンズ任侠さんのお母さんは息子の趣味にも寛容。辞めさせようとは思わなかったのかと聞く仲村さんに答えるお母さんの言葉をご紹介。

 

「私だって始めてみた時超引いたわよ~暗ーい部屋で小学生もなる息子が女の子のアニメ観てるのよ!学校行きたくないってベソかいてる子だったし(略)こんなモン観てるからこんな子になっちゃったのかしら…って」

 

「でも、あんなモンでも、観てたおかげで、いやだいやだ言いながらちゃんと学校も頑張ったのかもしれないしねぇ…」

 

一般人から見ると、理解のできない趣味。それでも本人にとっては日々を頑張る糧。

ジャニオタだって同じです。彼らのCD、番組、ラジオ、映画、舞台、雑誌があるからこの日まで生きよう今日も頑張ろうと思うのです。

この言葉に対する社会人オタク仲村さんの心の声は、仕事をしているジャニオタには特に共感していただけるものでしょう。

 

社会人になると特にそれなの!一週間のほとんどが仕事だから、「週末には特撮が待ってる!」と思えばこそ仕事ができるの!

 

はた目にはロクデナシに見えるだろうけど、これを失ってまともになるかというと、無趣味のロクデナシになるだけだから!

 

毎日理不尽な社会と戦い、頭を下げ、仕事をこなしているジャニオタの皆様にもお判りでしょう。辛いことがあっても、仕事が憂鬱でも、家に帰ればあのCDが届いている、週末になればコンサートに行ける。それがどれだけ仕事の励みになることか。

オタクをやめることは真人間になることではないと力説する仲村さんの言葉は本当にその通りです。オタクに対する風当たりの強さに、叫びたくなる日もあるでしょう。そんな日はトクサツガガガの言葉に勇気をもらい、推しの動画に元気をもらい、強く一日をすごしていきましょう。

 

 

  •  リアルオタ友の必要性

特撮の映画を見終わった仲村さんのもとに、同じ特撮オタク吉田さんから電話がきます。仲村さんが映画を観たことを確認した吉田さんは、30分でもいいから会おうと言います。立ち食いそば屋につれていかれ、何事かと動揺する仲村さん。真剣な吉田さんの熱い言葉が魅力です。

 

「感想、聞かせてください」

 

「ネットで人の感想も評価も片っ端から見ましたし、自分でも感想書き殴りました」

 

「けど、ネットで何万字読んでも、今ここで生の感想を言いたいし聞きたいんです!」

 

私自身こうしてブログで書いたりだとか、壁打ちアカウントのツイッターもやっています。しかしジャニオタが感動した時のエネルギーは莫大なもので、この情熱、感動をあますとこなく文字で伝えるにはとてつもない文才が必要なのです。万人がそれを持っているでしょうか。そんなわけがない。少なくとも私にはない。

エネルギーはとてつもないのに、表情も何も伝わらないツイッターで「むり」「やばい」「最高」と呟いていると、ああ、誰かと話したい!飲みに行きたい!!となりませんか。観賞会はまさにその類。なんかこういうの!このあたりが!いい!!と叫びたい。 

 

この、生身の会話のバトル感は、何物にも代えがたい――――

 

 実際に会ったところで語彙力は増えないのですが、議論を終えた後の達成感はたまらないのです。

 

 

  • ファングッズ

おもちゃ屋さんの蚤の市的な場所に来た仲村さんは、魅力的なホビーを発見。同僚とホビー談義をしていた際の、結局何に使うの?最終的にゴミになるよねという発言にもやもやしていた感情が爆発します。

 

服に靴にTVにベッド、家、皆いずれはゴミ!人間すらもやがて骨となり無と化す!

 

『結局何に使うのコレ?』置く!!置くんだよッ!!金持ちがやたらめったら玄関に置きたがる犬の陶器と一緒だよッ!!置いて!並べるんだよッ!

 

『集め終わったらどーするの?』見る!じゃあなんだ君達は。ブログのパンケーキだののお写真は実態になって取り出して食うんか。違うだろ、見るだけでしょ!!

 

ゴミと言うのはあんまりですが、欲しくない人にしてみればゴミも同然なのは、冷静になってみればまぁそうだね……と同意せざるを得ないところです。(だからこそオタクは冷静になっては楽しくない気がします)

ジャニーズのコンサートで販売するグッズには日常で使いにくいものもあります。特に隠れオタな人々や年齢層高めの人にとっては、つけるのに勇気が必要だったりするものも。それでもグッズを買ってしまう。推しメンバープロデュースのグッズはほしくなる。オタクの趣味にそれなんになるの?というのはナンセンスです。仲村さんにおもちゃ屋さんのおじさんは言います。

 

「飾ってやるんでも、一緒に遊ぶんでもいいから、ゴミになる時まで大事にしてやってね」

 

アイドルにハマっているその状態がどのくらい続くかはその人次第です。 一生その人のファンでいるのか、担降りするのか、遠い未来のことは分かりません。集めたファングッズだって捨ててしまう日が来るかもしれなせん。でも今の情熱を大切にして、ほしいならば実用性を問わずにファングッズや雑誌を買うのが楽しい人生だと思います。観賞するだけのものを買うことに後ろめたさを感じる必要はないのです。

 

 

  • 推しが辞めてしまう

俳優を餌に友人を特撮沼に引きずりこもうとしている仲村さん。実はその俳優さんが、芸能界を引退してしまっていたことを知りショックを受けます。そんな仲村さんにアイドルオタク北代さんが言います。

 

「続いているうちは当たり前って思っちゃうけど、辞めちゃう人を目の当たりにしたとき「あっ」って思うんだよ。売れて遠くなるより、やめていなくなっちゃう可能性ってもっともっと大きいんだって」

 

「だからさ、次があって、待っててくれる人がいて、やりたいこと続けられてるのは、それが一番いいことだって私は思うようにしてる」

 

愛して待ってくれる人がいるのも知っている。仕事に愛想つきたわけでもない。それでも皆、バラバラに去っていくのは、いくら愛があったところで、それでは食べることができずに飢えていく、隠れていた事実が見えてくるから。

 

ジュニア担の方々にとっては一層しみる言葉なのではないでしょうか。華々しい芸能界で一流のジャニーズ事務所に所属していても、売れなかったり、デビューできなかったり、後輩に抜かれたり、我々に想像のつかない厳しいことがたくさんあるでしょう。北代さんはそんなアイドルにやめないでとは言いません、言えないのです。だからこそ、

 

そう…だから私達はお金を使う…「需要あります!」「次もいいモノ作ってください!」のアピールのために!

 

「欲しいモンしか買わんけど」

「つまんなかったら文句は言うけど」

※だがワガママ

 

「駄作が見たいワケじゃない。駄作とわかってても支援のためにとりあえず買って観てるんだよ」

 

 ジャニーズは地上波でもかなりの露出があります。こんなに美しいものを地上波でタダで観れるなんて、我々は前世でかなりの徳を積んだに違いありません。一時期ジャニーズグッズの安さが他ジャンルオタクの間で話題になりましたが、本当に良心的だと思います。このボリュームとオタク泣かせの特典映像がついてこのお値段。ありがたい。

北代さんを含め、我々オタクはワガママです。買ったものに不満があれば漏れてきます。だって別に駄作が見たいわけじゃないんです。推しのかわいい(かっこいい)姿が見たいのです。ただ、買うことが支援であり、直接的な行動なしに意志表明はできないことを心の片隅においておきたい。露出が欲しければ、声を大にして、需要あります!とさけぶ努力が必要です。わたしもツイッターで呟く前に、セクゾ冠番組の要望書を出してこなければいけないようです。テレビ局かな。

 なお、この話の最後で、仲村さんはファンレターに書きたいことについて、次のように述べています。

 

「なんかこう…特撮も忘れないでほしいけど次の仕事も大変だし、頑張ってほしいけどムリな仕事はしないでほしいし、すでにもう忙しいだろうし、俳優さんてネットとかでホント嫌なコト書かれるし、大変だろうし、私なんかが言うことって何もないしとりあえず」

 

「生きていてくださいしか言えることがなくなってしまうんですよね…」

 

 まるでうちわに書く文章に悩むジャニオタのようです。元気でいてほしい、笑っていてほしい。ただそれだけでいい。それが何よりの幸せ。こうしてオタクは悟りを開いていきます。アイドルは2.5次元。近くにいそうで遠い存在。そんな存在を好きでいると、彼らが存在していること自体が尊く感じるようになるのです。…宗教かな?

 

 

  • 古参と新規

懐古怪人こと、子どもに見た昔の特撮好きおじさんと仲村さんはたまに衝突します。懐古怪人は昔と比較して今の現状をディスります。仲村さんは古いものもいいなと思っているのですが、現行の特撮を愛しているので内心はらわたが煮えくり返ります。この関係性はいわば古参と新規の関係に近いものを感じます。

 

 最近しょっちゅう思ってるコトじゃないかッ…!*2『雷伝』とか当時のグッズは手に入るが、本当はその当時におもちゃのCM観て「うわ~ほし~」とかそうやって楽しみたかったって!!

 

*3『獣将王』だってリアタイで観て「また一週間待つのかーッ」って思いながらCMで「ネタバレやめろや!」って観る感じと、録画をまとめて観るのは体験的に全然違うの!放送日の環境、CM、天気ふくめて『観る』なの!

 

くやしいッ…くやしいが…こればっかりはくつがえせない…ああッ…私もッ…私も当時に生まれあわよくば小学生くらいで「うげェ*4サラマンドロスこええ!!」って思いたかったよォォッ!!

 

私は現在の関ジャニも好きなので、昔のエイトはもっとよかった論を出されると辛いのですが、その時の関ジャニだってすばらしかったのはわかるし、できることならリアタイで一緒に盛り上がりたかったという仲村さんの気持ちはとても共感できます。セクゾや関ジャニの今の勢いといい、その時にしか味わえない空気は絶対にあるだろうと思っていますので、大切な思い出として抱える経験があることはむしろ羨ましいです。だからといって現在を否定されるとド新規の内なるモンペが出てくるので、その点は古参の方にもご配慮いただければ幸いです。

もちろんトクサツガガガはそれだけで終わりません。万人に勧めたい衝動に駆られるのは、古参の立場も慮ってくれるからです。

 

後からいくら作品を追っても、時代を知っても、その時代に生まれた時にしか、得られないものは確かにあるのかもしれない…

 

変わっていく彼らを、その時の彼らを否定しないでほしい、と、現在の彼らを大切に思う私たち。しかしそれは昔の彼らを大切に思う気持ちと比較できるものではないのです。現在別Gの担当を持つジャニオタ先輩は、今の関ジャニの勢いがすごいのもわかっていながら、当時ほど情熱を持たない自分を認めていました。

 

「どんなによくできていようがなんだろうが、知らないモノを観るなんてできないでしょう?」

 

「誰が何と言おうと、私の一番そばにいて、他のダゴンのところに連れて行ってくれたのは、*5ダゴンくん』なんですよ」

 

かつておじさん達のそばにいたのが、ダゴンだったのと同じこと。何が最初かじゃない、私達の原点は、そばにいてくれたモノ達

 

これらは新規を勇気づけてくれる言葉ですが、私はこの言葉を見た時、古参、あるいは他Gに移っていった方々に思いをはせてしまいます。リアルタイムで見ていた彼らが、彼女にとっては原点であり一番心を揺さぶるものだったのです。誰が何と言おうが。

古参新規問題はもうそりゃぁ根強い問題で、特にド新規の立場から言及するのは非常にはばかられるのですが、私は売れない時代の彼らを支えて、私たちに会わせてくれた彼女たちにはやっぱり心の中で尊敬と感謝の念を持っていたいなぁと思うのです。

 

 

  • 好きは比較できない

仲村さんがある日同僚と買い物していると、偶然ヒーローショーに出会います。同僚に「あんなの子どもむけでしょ」と言われるが、隠れオタの仲村さんは言い返せません。

 

特撮好きって言うわりに、ロボとか買ってなかったし…吉田さんが薦めてくれなきゃ観ない作品もいっぱいある…さっきだってホントに好きなら、擁護するべきだったのでは…?

 

お母ちゃんに勝てずにいるのも、隠しているのも、結局…

 

私の「好き」なんてしょせんその程度のモノだったってことかーーーー!?

 

しかしアイスクリームを見た仲村さんは思います。たくさん買った自分と、お金がないから1つしか買えず、羨望のまなざしで自分のアイスクリームを見つめている友人。どちらがアイスクリームを好きかなんて語れないのではないかと。ファンとしての好きも同じではないかと。

 

詳しい方がもっと好きとか、「その程度の知識で」とか、魔王かよ!そんでその詳しさのゴールはどこなの?好きって言っていいラインはどこなの?いつ言えるの?

 

アピールする方が「好きが上」とか、完ッ全に成人式でバカ騒ぎする人の理屈だからね!大人しく座ってる人は祝う気持ちが足りんのかい!

 

隠してようが黙ってようが恥じてようが詳しくなかろうが、好きと思ったら好きになる権利があるんや。

 

アイドルだって生きてかなければいけないのと同じく、私たちだって生きていかなければならない。ただ、これは先ほどのお金を出さなきゃ露出がなくなる論と相まって非常に難しいですよね。売れればメディアへの露出も増え、新規のファンも増え、また売れ、正のスパイラルですが、売れなければ露出は減り、CDは出ないしコンサートもなくなる、新規も獲得できない負のスパイラルなのです。

仲村さんの言うとおり好きの比較はできないと思います。しかし『比較はできない=みんな同じ好き』ではないのです。人気があるときはいいんです、みんな好きだねで語り合える。でも露出が減ってるときは北代さんの言葉が真理なのです。需要ありますアピールをしない人が「好きの度合いは比較できない」と言いながら、必死に複数枚買ってる人に「わかるわかる~」と言ったらそれは嫌がられる。そこを履き違えたまま、同じ熱量で応援できるはずかないとは思います。

 

それでも私は仲村さんのこの言葉は楽しくオタク活動をしていくうえでの真理だと感じています。好きは比較できない。好きだと思ったら、好きだと声を大にして言えばいいのです。(迷惑をかけない限り)他人の好きを否定する権利は誰にもありません。良くも悪くも、好きという心理状態であることは、買うといったビジネス的な側面とは別問題なんですよね。ただ、ビジネス的側面を理解した上で、『好き』という気持ちを『買う』という行為に還元している人たちがいる。その恩恵を受けて、好きな人たちが見れているというのは忘れない方がよいと感じました。

まあでも、こんなめんどくさいこと考えずにIQ低く「かわい~~~しんどい~~~買う~~~」っていうのが一番幸せなオタクライフですよ、たぶん。

 

すごいよトクサツガガガ

宣伝兼ねて、一ジャニオタの視点から考えたことを書いてみました。トクサツガガガ、とっても面白い漫画です。いろんな立場から、いろんな考え方を取り上げてくれます。ジャニーズファンの皆様にも読んでいただきたいし、御自分の見解と比較して楽しんでいただきたいと思います。ほんとはこれ以外にも「ほんまそれ」な名言連発なんです。これでも入りきってないんです。

読み返して、自分自身でも「なっが(笑)」と感じました。布教するならもっと短くしなければならないのに、自分だけが楽しい語りになってしまいました。ただ、ド新規によるジャニオタ語りは今回でだいたい満足しましたので、次からはちゃんとジャニーズの話をしたいなと思います。しかしジャニーズに関しては担当や古参の方がきちんと解析してくれてるんですよね……ド新規情報持ってないので考えようがないんですよね……どうしようかな……。

*1:日曜朝に放送される少女が戦うアニメ

*2:40年?前の忍者ものの特撮TVシリーズであり、最近リメイクされ映画化された架空の作品。仲村さんは面白いと感じたが、改変されすぎて古参ファンには不評

*3:トクサツガガガの世界で現行の戦隊ヒーローもの

*4:怪獣シリーズ『ダゴン』に出てきた、環境汚染により生まれた悲劇の怪獣(敵)。環境汚染をテーマにしているが、現代っ子の仲村さんにはちょっとやりすぎ感があるように映り、チープに感じた

*5:ダゴンシリーズ最後の作品。リアルな社会風刺路線から一転コメディものに路線変更し、人気回復を狙ったTVシリーズだったが、ファンの批評を買い、今も「死の一手」と名高い。ファンの目から見てもロークオリティ。