読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃにずについて考えたいだけのブログ

じゃにずの皆様(関ジャニ、セクゾ中心)について、ただひたすら尊敬の念を込めてすげーなすげーななんでだろーっていうだけのブログです。

なぜ私はこんなにもアイドルにハマっているのか

経緯

 まだ、オタクを名乗るのもおこがましいド新規ではありますが、日々アイドルの尊さにありがてえありがてえと感謝しながら生きています。塩津と申します。

 ブログを今回始めたきっかけは、ジャニオタ先輩が書いてみたらとおっしゃったからです。ジャニオタ先輩は、文章力とこつこつと書いたレポートの精密さに定評があり、元・関ジャニ担、現・ジャニーズWEST兼キスマイ担という経歴をお持ちです。さぞかしWESTやキスマイの界隈では名の知れた方なのだろうと思っていますが、私はあまり詳しくないのでわかりません。その方が「他分野から移ってきた人からの視点のレポや考察はとても面白いので、書いてみたら」とおっしゃり、私も「なるほど、確かに私もよく読むし、面白いな」と思ったのでブログ開設にいたった次第です。

略歴

 振り返ればジャニーズという単語が私の人生に現れたのは小学生のとき。その当時はTOKIO、NEWS、嵐、V6がごっちゃになっていたような時期でした。SMAPやキンキはなんとか全員覚えていたものの、他のグループはもう誰がどこに所属しているのかさっぱりでした。顔が分かるのも、松本さんと、錦戸さん、三宅さん、森田さんくらいだったと思います。何を隠そう、私は人の顔を覚えるのが恐ろしく苦手です。実生活にも支障が出ております。そのため、イケメン集団ジャニーズというものに興味を抱くことなく、どちらかというと二次元寄りのオタク寄りだった小学生時代でした。

 中学生のときに我らの世代にとっての革命が起こります。ごくせんからのKAT-TUNブームです。赤西君派?亀梨君派?が一種の合言葉になっていた時代です。私が初めてまともに見たドラマもごくせんでした。当時、私は小池鉄平君がかわいいとしか言っていませんでした。どっち派か聞かれても「亀梨君は顔色が悪そうだから赤西君かな……」という謎の返答をしていました。当然、この頃もジャニーズというものに対する興味は薄く、二次元にハマっていくばかりでした。

 私にとっての転機は高校生でした。当時ハマっていた二次元ジャンルで、J事務所のPVパロが上がっていたのです。そのクオリティの高さたるや。今でもあの時の感動は忘れられません。もちろん著作権の観点からすればNGで、動画もすぐに削除されてしまいました。しかし、私にとってはジャニーズに興味を抱く大きなきっかけになりました。当時嵐は十周年に満たない人気爆発前夜といったところでした。そして私も受験を目前に、精神的な爆発前夜でした。そんな私にとって、彼らは大きな精神的支えになりました。この辺の嵐ドはまり期についてはまた語りたいと思ってます。最近の彼らについてはあまりわかりませんが、このころ、嵐のどういうところに心動かされたのかを一生懸命言葉にしておきたいなと思ってます。

 そして私が大学生に入るころ、嵐はトップアイドルになりました。ああ、もう安心してみていられるなと思ったのもありますし、私生活で他に打ち込みたいものがあったのもあります。とにかく私はジャニーズからまた距離を置きました。

 社会人になった今、私は関ジャニとセクシーゾーンの彼らにハマっています。社会人になって半年たっても、慣れない土地で、職場の人間関係にも気を張る毎日。私生活でも衝撃的な通告を受けたりして、心身参っていたときに、札幌での関ジャニのライブを誘われ、ずぶずぶと落ちました。高校時代のことも踏まえると、「アイドルって、宗教だな……」と思わざるを得ません。最近は、毎週末のようにジャニオタ先輩のお宅でDVDや雑誌、録画していたTVなどを拝見していて、ド新規にとっては夢のような英才教育を受けています。セクゾは本当につい最近、CD特典を見せていただいたのがきっかけで、「あ、この子ら売れる!!」と、ダイヤの原石を見つけたような気分でハマりました。本当はWESTとかABC-Zについても調べたいし、いっぱいいろんなこと考えたいんですけど別の機会にします。

アイドルってすごい

 芸能界に行きたいという気持ちが全く分からない私からすれば、アイドルって不思議な生き物です。そして、いろんな私生活の制限をされながら、ファンにキラキラ笑顔を振りまいてくれる彼らを私は心から尊敬しています。

 現在ツイッターでは「アイドルかわいいしんどい」ばかり言っています。一方でふと我に返って、「アイドルの曲で元気が出る~」って言っていたファンを理解できないものとして見つめていたはずなのになぁなんて思ったりもします。そんな自分を「変なの、何故だろう」と思いながら、彼らの魅力について考えるのもまた楽しいものです。これからもなぜ?という気持ちを抱えつつも、喜んで彼らの掌の上で転がる毎日でありたいです。よろしくお願いします。