じゃにずについて考えたり妄想したいだけのブログ

じゃにずの皆様(関ジャニ、セクゾ中心)について、ただひたすら尊敬の念を込めてすげーなすげーななんでだろーっていうだけのブログです。

担当について考える

トーリー厨がジャニーズにハマると?

 ジャニーズのグループにハマれば当然出てくる担当という単語。しかし私は担当を作らない(作れない?)方針です。それは私が漫画のストーリー重視オタクだったからかもしれません。私は漫画にハマるとき、まず漫画が面白いことを重視します。読み進めている間に、このキャラいいなというやつが何人か出てきます。その後はこのキャラが活躍してくれたらいいな、くらいです。そのキャラがいなくなっても、変な扱いを受けても、別に漫画を読むのをやめたりはしません。私が漫画を読むのをやめるのは、漫画がつまらなくなったとき、あるいは物語が一区切りつき満足してしまったときでしょう。

 おそらくジャニーズのファンスタイルにもそのスタイルが流用されているのでしょう。誰か一人が欠けても、グループとしての魅力を保っていれば私はそのグループを応援している気がします。他の方が個人の好きなところを熱く語ってくれるのは大好きなんですけどねぇ……。

箱推し

 そのため、私はたぶんグループありきでハマるタイプです。この人がいるからこのグループのみんなも好き、とはならず、このグループが好きだから、この人も好き、となってしまうのです。しかもこのグループの人がみんな好き!とは若干ニュアンスが違うのです。漫画と同じように、グループとしての、全体像としての物語や魅力に惹かれてハマるから、特定の人に夢中になるということが少なく、一人で出てる番組は普通の番組と同じ扱いにしてしまう。つまり面白ければ見るという感じです。

 私は今、多分関ジャニでいったら丸山さんと村上さん、セクゾでいったら健人くんがちょっと頭ひとつ抜けて好きなのだと思います。でもそれは担当を名乗れるほどのものではないと、自分では思っています。私はあまり個人でのお仕事を見ません。というより、その人が出てるから見るという見方をしません。では自分は何に属するのか。

 

箱推し(はこおし):そのアイドルグループのメンバー全員が好き、という意味。似ているがDD(誰でも好き)とは異なる。【若者言葉辞典より抜粋】

DD:特定のアイドルではなく、複数のアイドルのファンのこと。または、アイドルと呼ばれる人全員を好きな人。『誰でも大好き』の略。【若者言葉辞典より抜粋】

 

 DDは、一人でも自グループが出てれば番組を追うタイプの人ですね。そういう意味では、やはり私は箱推しに近いです。

 

担当を名乗らない主義だけど担当に憧れる

 担当の名乗りは所詮自己満足だとジャニオタ先輩もおっしゃっていました。別にちょっと他の人より目がいきやすいかな?くらいでも「○○担です」と言ったっていいのだと。しかし多くの方がおっしゃってるように、担当は特別な存在。私にとっても、担当を名乗るというのは相当特別なことです。ちょっと好きな人はいます。ただ、自分はその名にふさわしい推し方をしていないと思ってます。二次元からジャニーズの世界に来て、担当という制度を知った時から何かと担当制度について考えてきました。けれどもこうやっていろいろ考えているうちに、私自身は特定の一人にどんなにハマっても、担当と名乗らないのではと思うようになりました。

 2015年のツアーで櫻井君による「担当……って言い方はあまり好きじゃないんだけど」発言があったそうですね(ソースも不確かですが)。正直なところ、私がこのジャンルにハマって一番最初にこの文化に対して感じたのが「え、上から目線ぽくない……?」でしたので、櫻井君の真意はともあれ、この発言には同意してしまいました。言葉から受けるイメージに気後れしてしまうというのは、今でもずっと抱えている事実です。

 ジャニーズを好きになって、 他の方の、自担と推しの違いについてのブログ等も見て、なるほど担当になるというのはそれほどの熱意があるということなのかと感じました。そのため、他の方が○○担と名乗っていることに関しては全く拒否反応はないのです。担当同士で熱く語り合っている姿を拝見するたびに羨ましさがこみ上げます。私だってコンサートでひたすら特定のメンバーを双眼鏡で見つめていたいです。しかし私は箱推し勢。毎回参戦服に困るし、団扇も作りにくいし、目は足りない。「誰担?」と聞かれたときに「う~ん……まだ決まってなくて」と返すときの居心地の悪さは、「趣味って何?」と聞かれたときの「(趣味と名乗っていいのか…?)」という葛藤と通ずるものがあります。

 ジャニオタ先輩が「担当には落ちるもの」とおっしゃっていました。まるで恋愛小説のようですね。恋のように言葉では言い表せないような何かがあるのでしょう。担当に落ちた時のエピソードを聞くたび、私も恋のように担当に落ちるという感覚を味わってみたいなぁとは思ってます。ただ、私はその言葉の重さには勝てないので、そして根っこが箱推しなので、いつまでたっても、どんなに好きになっても、一介のファンを名乗っているんでしょうねぇ。